日勤専従看護師になって食生活を改善しよう

当サイトについて

サイトについて

サイトについて

看護師は日々、人の命を預かる現場で奮闘しています。その現場は急患や予測できない事態が起こることも多いので、休憩時間や食事の時間も不規則になりがちです。当サイトでは、そんな看護師のための食生活改善案などについて詳しくご紹介しています。また、お問い合わせはコチラからお願いします。

健康を優先するなら日勤

健康を優先するなら日勤

食事の量や回数も重要

夜勤専従看護師とは、夜勤だけを行う看護師のことをさします。給料は非常に良いですが、生活のリズムに慣れるまで早い人で2~3週間、遅い人だと2ヶ月くらいかかったりもしますで自分の生活リズムを確立することが難しくなってきます。また、夜中に働くので食生活も乱れやすくなり、1日の食事回数や食事の量が増える傾向にあります。夜中に小腹が空くこともあるのでお菓子をついつい食べ過ぎてしまうという人もいます。これは、生活のリズムが崩れることによりストレスが溜まり過食傾向になる人が多いからです。
そうなると、勤務中に突然苦しくなってパニックになる人もいます。これは体が突然の変化に驚いているのであって、生活のリズムが確立できれば自然とそういうこともなくなっていきます。

急に太ることもある

生活のリズムを確立することができても今まで行っていた食事の量や回数を減らすことができない人もいます。そういう人達は、急に太ったりします。そして焦りから無理なダイエットをしがちなのですが、実はそういった場合は無理にダイエットをする必要はありません。
無理にしてしまうと逆にリバウンドしやすい体になってしまいます。ですので、食事の回数や1回の食事量を少しずつ元に戻していくのが理想のダイエット方法です。もちろん食事のバランスには気をつけましょう。例えば仕事前はしっかりと食べて、それ以外で調整したりするといった感じです。ストレスが溜まるのを防ぐ意味でも時間のある時にストレッチなど軽く体を動かすことも重要です。

自分にあった勤務形態を

看護師の勤務形態は通常、日勤と夜勤の両方がシフトで組まれて管理されています。ですが日勤続きの中で夜勤が急に入ると、どうしても生活のリズムは崩れてしまい不規則な生活になってしまいます。これで体調を崩してしまう看護師もいるくらいです。ですが日勤専従であれば規則正しい生活を送ることができますし健康管理もしやすくなるでしょう。
結婚して間もない新婚の看護師や出産して子育て中の看護師には理想の勤務形態と言えるでしょう。夜勤があれば子育てと仕事の両立は非常に難しくなります。そして家族の協力なしに働くことは無理なので、その説得も必要になってきてしまいます。日勤だけの仕事というのは、病院の外来や病棟、訪問看護師や介護施設など色々な場所があります。また働くスタイルも常勤、非常勤、派遣などいろいろなスタイルがあるので自分の生活リズムにあった勤務形態を選ぶと良いでしょう。